西目屋ダムレイクツアー

f:id:totoroka-san:20190630163119j:plain

6月29日(土)

山さん所属の厚生会のツアーに応募し、応募者多数の中からめでたく幸運の女神を引き当て 行ってきました。

 

県南の方々は7:00八戸駅集合(出発?)でしたが 私達は七戸十和田駅の方が遅い

時間なので(8:20)ゆっくりでき 助かりました。

 

道の駅 津軽白神ビーチにしめや and インフォメーションセンターがある所へ10:30頃到着。

f:id:totoroka-san:20190630211934j:plain

ビーチ(Beech)とはブナのことだそうです。

白神山はブナ林で知られています。

 

10:50発の水陸両用バスに乗車しました

f:id:totoroka-san:20190630170413j:plain

 

このバスは自動車のエンジンと船舶のエンジンの両方付いていて 当然免許も車だけでなく船舶の免許も必要です。

 

インフォメーションセンターからダム湖である津軽白神湖までは20分、ダム湖遊覧20分 帰って来るのにまた陸路(道路)20分 と合計60分かかります。

 

屋根はかかっていますが 窓ガラスがありません。

なので 今の時期はちょうどいいですが、寒い時期は大変だろうと思います。

インフォメーションセンターには防寒着が準備されていましたが、寒くない服装を

してくるようにとの案内はありました。

f:id:totoroka-san:20190630170834j:plain

この黄色のコートが貸し出されている防寒着です。

上の写真はダム湖を走っているところです。

 

陸からダム湖へ入る瞬間は ザブ~ン と水しぶきが上がり 前の席の人たちは

しぶきを浴びたようです。

 

絣の衣服をまとったお姉さんがガイドしてくれてます。

ユーモアたっぷりのとても上手な案内で楽しかったです。

 

暑からず 寒からず 曇ってはいましたが ちょうど良い気候でした。

 

道の駅 ビーチにしめやには目屋炭を活用したコーヒー焙煎工場や焙煎を体験できる

コーナーもあります。

下の写真の奥が体験できる 白神コーヒースタジオになっています

 

f:id:totoroka-san:20190630201450j:plain

 

コーヒーを飲んでみました、炭焼きコーヒーではありましたが まろやかでおいしかったです。

 

ソフトクリームやジェラートは地元産の蜂蜜を掛けて食べられるように蜂蜜ポットが置いてありました。

 

 

昼食後は弘前のりんご公園へ

f:id:totoroka-san:20190630173336j:plain

 

 

f:id:totoroka-san:20190630173400j:plain

向こうに見えるのが売店です。

ここではシードルも作っていて 試飲しました。

その上 1本ずつおみやげにいただきました。

 

 

 

f:id:totoroka-san:20190630173415j:plain

自転車が貸し出されていて 廻りを散策できるようになっています。

リンゴのかごを持つ少女の像がかわいかったです。

 

この日のツアーはこれで終了

 

七戸十和田駅で降りる頃 雨がポツポツ

 

予報通りでした

終わってからでラッキー

 

アケビの花

アケビにも種類があるようで。

三つ葉アケビと五つ葉アケビ

 

 

栗の木に絡んでいる2種類のアケビです

白い花の方が五つ葉アケビで黒っぽい紫色が三つ葉アケビ

f:id:totoroka-san:20190515165254j:plain

 

 

葉っぱが5枚

f:id:totoroka-san:20190515165606j:plain

 

 

 

こちらは葉っぱ3枚

f:id:totoroka-san:20190515165628j:plain

 

 

その違いって何でしょう、実が生ったら見てみます。

花の数は多いけど その割に実は付きません。

 

 

庭の山ツツジも咲き始めました

f:id:totoroka-san:20190515170023j:plain

 

タラの芽

こちらでは たらぽ と言ってます。

明日 明日 と言っているうちに大きくなってしまいました。

なので 採ってきました。

f:id:totoroka-san:20190501221223j:plain

小さめのは(ピンクのざる)天ぷらに、他は茹でて酢味噌和え

 

今年の初物  おいしかったです

 

 

こちらは葉わさび

f:id:totoroka-san:20190501221434j:plain

切って 熱湯掛けて氷水にとり 塩と砂糖で揉んで密閉容器に入れ 冷蔵庫へ。

 

3~4時間後に蓋を取ったら ツーンと来た来たっ

 

どちらも自分のお庭で採れるなんて ラッキー

更生保護施設プラザあすなろ 給食奉仕活動

プラザあすなろへ給食奉仕活動に行ってきました。

 

f:id:totoroka-san:20190412224753j:plain

 

以下は青森県更生保護施設プラザあすなろHPより引用させていただきました

◎給食奉仕活動

 県内の各地区更生保護女性会の持ち回りで、毎月1回、入所者に対する給食(夕食)奉仕活動を実施しています。その際、入所者と女性会員が会食することで、心のこもった「お袋の味」を賞味するとともに、支援者の存在を身近に実感させることで更生意欲の一層の助長を図っています。

 

 

そういうわけで 今月は三沢地区更女の順番だったので 3人で行ってきました。

三沢地区更女は今回で2回目です。

 

 

午後2時半頃青森市のあすなろ着

 

f:id:totoroka-san:20190412225304j:plain

 

 

f:id:totoroka-san:20190412225318j:plain

 

 

f:id:totoroka-san:20190412225330j:plain

 

 

f:id:totoroka-san:20190412225344j:plain

 

 

f:id:totoroka-san:20190412225356j:plain

 

 

メニューは

ごぼうご飯(ごぼう 挽肉 糸こん入り)

イワシのつみれ汁

カレイの唐揚げ(あんかけ)

白菜サラダ

厚揚げの豚バラ巻(入所者には4本)

りんごのコンポート

 

今日の入所者は7人(うち1人は帰宅が遅いとのことで6人)

私達も一緒に夕飯をいただきました

 

いつもはお弁当だそうで、量的にはいつもの倍くらいある と話していました。

でもほとんど食べて下さって お腹いっぱいだ と言ってました。

 

6時少し前から食べ始め、40分くらいで食べ終え 3人で後始末をして

7時ちょっと前に青森を発ちました。

三沢に着いたのは8:20分頃

 

更生保護女性会に入っていなければ こういう経験もできなかったろうな

と思います。

 

22日に三沢地区更生保護女性会の総会がありますが、その時プラザあすなろの

施設長さんが講話をして下さることになっています。

 

少しでも更生保護施設の入所者を理解してくれる人が増え、彼らが暮らしやすい

社会になってくれればいいと思います。

麦みそ作り

大豆と米こうじでの味噌作りはしたことがあるけど、麦麹での味噌は作ったことも

なければ食べたこともなかった。

3月に鹿児島出身の方から作り方を習い 麦みその効能を調べた結果 これは是非作ってみたいという思いにかられ、教えてくれた人からキットを1セット分けていただきました。

教えてくれた方の実家では自家製の麦みそを食べているし、子供さんたちにも送ってくれてるそうです。

 

ネットで調べると麦麹はもう出来上がったものを使っているケースがほとんどなんですが、教えていただいたのはその方の実家で作っている通りの麹菌を使う方法です。

 

キットの写真を撮りませんでしたが、麦 2キロ、大豆500グラム、麹菌 です。

あと必要なのは塩 500g

 

作り方としては 麦を前の晩から水に浸しておいて炊き 麹菌を混ぜて発酵させる。

それと 茹でた大豆をつぶして塩と混ぜあわせ たるに漬けこむ というだけの話

なんですが。

 

大変なのは発酵、麹菌を咲かせることなんです。

温度を保つのが問題。

 

うちには炬燵がありません。

炬燵があれば一番いいわけなんですけど。

 

で、どうしたかというと

 

うちの場合 ストーブからの床暖があるので 低いテーブルを炬燵にみたて 

タオルケットや綿毛布 ベッドカバーなどをかけ、さらに湯たんぽを2個

入れました。

 

 

テーブルのしたにあるプラスチックのかごは 炊いた麦を乗せるために置いてあるのです

両端にある風呂敷包みは湯たんぽ

なんか 白いのがウロチョロしてます

 

f:id:totoroka-san:20190405221341j:plain

 

 

たまたま車庫を調べたら 下記のようなここらでは「かんだい」という道具が見つかったので これに麹菌入りの麦を乗せて炬燵に入れました。

f:id:totoroka-san:20190405222209j:plain

 

 

こんな感じです

f:id:totoroka-san:20190405221356j:plain

 

 

 

床暖とストーブは連動なので 寝る時にストーブだけ消すことができず、一晩最低の目盛りでつけっぱなし。

f:id:totoroka-san:20190405221408j:plain

 

 

 

翌日の朝はまだ麹の花が咲いておらず 昼頃になってパンが発酵するような香りがして

麦に白い花が(発酵)咲いていました。

f:id:totoroka-san:20190405223316j:plain

 

 

 

 

大豆は圧力鍋で10分ほどで柔らかくなり、安もののブレンダーがあることを思い出し

使ってみました。

今回は500グラムだけだったから おもちゃのようなブレンダーで用が足りました。

f:id:totoroka-san:20190405223354j:plain

 

 

 

大豆は煮汁で少しゆるくし 塩を混ぜ さらに発酵した麦も混ぜて容器に漬けこみました。

f:id:totoroka-san:20190405223413j:plain

 

これはホーローの入れ物ですが、何年も使わなかったので所々錆びていました。

漬物用のビニール袋を敷きました。

 

一番上に塩を100グラム蒔いて 終了。

 

 

一番手こずったのは 麦を蒸したことです。

 

2キロの麦は13合

炊飯器は8合炊きだけど 余裕をもって7合炊きました。

 

あとの6合を1時間蒸したけど柔らかくならず、途中から圧力鍋とステンレスの鍋に分けて炊きました。

 

炊飯器でもう一度炊いた方が早かった。

 

炬燵の温度管理もまあまあで そんなに難しいことはありませんでした。

 

これで5キロの麦みそができるそうです。

 

3月4日に習いに行ったとき頂いてきた500グラムの麦味噌はもう食べてます。

繊維質たっぷりで 甘くて体にいいんですよ。

 

こんな夜中にカブの漬けものかよ

何も夜中に漬けものを漬けなくてもいいんだけど、夕方取りかかったから

食事の時間をはさんでしまったのです。

なら 昼間に 明るい時にやればいいんだけど なぜか別な事をしているうちに。。。。。。。

 

というわけで、遅くなったからちょっと残して7キロだけ皮をむいて スライスして

塩漬けしました。

水があがったら捨てて 砂糖や酢で本漬けします。

f:id:totoroka-san:20190327225259j:plain

 

 

 

7キロってこんなもん

f:id:totoroka-san:20190327225309j:plain

 

 

お腹が空いてアーモンドを2粒食べました。

 

今年度最後の寺子屋

最後の寺子屋は調理実習

 

「食事バランスを考えよう~低栄養予防&骨粗鬆症予防~」

 

f:id:totoroka-san:20190317225513j:plain

f:id:totoroka-san:20190317225522j:plain

全部で蛋白質は31gも摂れています。

カロリーも多いですけど。

塩分は見えてませんが3,6gです。

 

 

 

 

f:id:totoroka-san:20190317225623j:plain

小松菜 青梗菜 ワカメ 厚揚げ とカルシウムも豊富に含まれています。

 

スープは顆粒鶏がらスープの素を使いましたが 練り白ごまが入っているとは思えない

味で 皆さん美味しいと言ってました。

スープに練り白ごまとは珍しいと思いました。

 

 

青梗菜の中華風煮びたしオイスターソースだけで味付けしています。

でも干しエビからだしが出ているので 薄味で簡単にできておいしかったです。

 

どれも薄味でした。

皆さん ほとんど完食しました。

 

 

 

f:id:totoroka-san:20190317225645j:plain

 

運動教室でいつも指導してくれる若い男性も含め 今日は12名の参加でした。

 

年間で寺子屋は45回開催したから 月平均3,75回ということになります。

 

何が一番おもしろかったかと聞いたら 初めてボウリングをした人が「ボウリング」

と答えていました。

ボウリングははずせない。

 

来月から31年度が始まります。